Translate

2010年8月2日月曜日

簡単お料理を作ろう

おはようございます、ムートン王国店主の岩井孝四郎です。

8月2日(月)の天気は朝から曇り空。

昨日は勝沼朝市でした。

暑い中、沢山のお客様が勝沼朝市に遊びにいらしてくれました。

まだまだ暑い日が続いていくと思いますが、本日は夏を乗り切る

簡単料理です。

さて、今日のテーマは「元調理人が教えるお手軽お料理パート4」です。

砂肝の冷采を作ってみました。

今日のお料理は物凄く簡単で包丁で切るのがあまり得意でない人でも
簡単に作れますよー。

野菜が沢山食べれるし、とにかく豪華に見えます!!

それではスタートです!!

まず、スーパーに行き、材料を購入して下さい。


用意する材料は

生の砂肝・きゅうり・白髪ねぎ・トマト・あら塩・お好みでラー油
以上です。

初めに各材料を縦に切っておきます。

ゆっくりでいいので極太にならない程度に切り

野菜はそのあと少し水につけてください。

次に砂肝を出してこれも縦に切ってください。

丸い円状のものは時々、包丁がカタッと滑るので
砂肝を切るときはゆっくりで良いので手を切らないように
気をつけてください。

次にナベを用意して、水とあら塩を入れてください。

塩の量は、鍋に入れた塩水を舐めてみて少し濃い位が良いです。

次に水からで良いので切った砂肝を中に入れて火をつけてください。

そしてそのまま、グツグツと沸騰させてください。

時間的には砂肝が完全にゆであがった状態までです。

確認するにはなべから砂肝を1つとりだし、白っぽく

なっているかどうか見てください。


茹で上がった砂肝はこんな感じです。

後は砂肝を冷ましてください。

冷えているほうが美味しいですよ!!

冷ましている間にお皿を用意して盛り付けをします。

まずはじめに、きゅうりを敷きつめてください。

次にその上に山を作るような感じで砂肝をのせてください。

そして、この時にお好みでラー油をかけるとピリッとして美味しいです。

最後に砂肝の上に千切りにしたねぎをのせて、

色あいでトマトを横に添えてください。

今回は冷蔵庫に残っていたモヤシも添えてみました。

するとこんな感じです。

ジャーン!!

味付けは何もありません(笑)。

砂肝の塩味ときゅうりのパリパリ感がたまらなく美味しいです。

お酒のおつまみにも、ご飯のおかずにもどちらで食べても最高!!

ほらね!!

究極の手抜き料理でしょ(笑)。

ほかにもブログ書いてます
●ムートン MOUTON mouton
●ムートン王国の裏話
●ムートンお悩み解決隊