Translate

2011年8月8日月曜日

純日本製ムートンシーツの加工

おはようございます、ムートン王国の岩井です。
8月8日(月)は、朝から晴天です。
ムートンシーツが完成しました。
岩井ムートンでは皮の裁断から縫製、裏地つけ、まで全て、
手作業で加工している為、大量生産はできません。
今回も、このシーツは1本のみとなります。
ムートンシーツを加工し終わるまでには物凄く
体力を使う為へとへとになってしまいます。
出来あがったときの感動も大きいです。
初めに毛の色が同じ色の皮を数十枚用意して、その中から
合うものだけを選び、すべて収まりが良いようにひし形に切って行き、
今回は布団のシングルサイズ(ムートンシングルサイズ)100×200cmまで必要な分まで
切っていきます。実はこの作業がすでに大変なのです。
次にムートンシーツがバランスよく引き連れないようにする為にひし形に切ったムートン皮を
テープ状にミシンで1枚1枚縫製していきます。


このように縫いだしてからここまでするのに数時間かかります。
これでムートンシーツシングル1枚分のサイズになりました。


さて、ここからが大仕事となります。
座った状態での縫製になりますのでとにかく暑く、シングルサイズとはいえ、座ったままの状態で
皮つきのムートンをムートンシーツシングルサイズにするまでの重さを全て両方の
親指で持ちながら縫って行きます。
このときに、もし、いい加減にしていると、ムートンシーツの重さが縫製している皮の部分にかかり
破けてしまいます。
ですからムートンシーツが仕上がった時には両方の親指は腱鞘炎とけいれん状態になります。
そうして出来上がったムートンシーツは私にとってとても可愛らしい存在です。
今年の冬にも、ムートンシーツが1本でも多く、日本中の人に温かさを運んでくれることを
楽しみにしています。



ほかにもブログ書いてます
●ムートン王国の裏話
●ムートンお悩み解決隊
●岩井ムートン店主の笑売ブログ