Translate

2011年10月14日金曜日

ディズニーランドとディズニーシ―の帰り道に

おはようございます、ムートン王国の岩井です。
10月14日(金)の朝から晴天。
本日は、息子が校外学習です。
簡単に言うと遠足のこと。
バスに乗って水族館に行くらしい・・。
家でも海水魚や淡水魚、汽水魚色々と育てているので
事前調査ということで
ホームページで行き先の水族館を調べながら
初めはぶつぶつ言っていましたが、家とは違う
大きな水槽を見ると大喜びしていました。
話は変わり、
実は、先日物凄い怖い思いをしました。
先週に千葉県にある某リゾート施設・・
はっきり言えばディズニーランドとディズニーシ―に
連泊をして遊びに行ってきました。
もちろんハイエースバンで車中泊しながらね!!
その時の模様もユーチューブの動画にアップしてあるので
良かったら見てください。
さて、両施設で閉館の10時まで思いっきり遊び、最後の打ち上げ花火も見て、
さぁ、山梨に帰ろうと首都高速湾岸線に乗った所、
すぐに車の後ろからバチンバチン音が鳴り出しました。
あれ、??
何か踏んだのかな・・
おかしいなぁ・・
次第に音は、激しくなり、車にもバンバン何かが当たりだしました。
さすがにびっくりして速度を下げたのですが、
次第に音は小さくなってきたのできっと、車に何か挟まっていたものが
取れたのだろうと一安心。
でも、次の瞬間ぞーと血の気引き急に怖くなってしまいました。
だってハンドルがどんどん隣の車線に寄って行ってしまうんだもん。
車を止めて降りて確認したいのですが何せ湾岸線でしょ・・
降りられないじゃん・・下手したら死んじゃう・・
なかなか下りられないまま恐怖と闘いながら何とか、一般道に滑り込むように
降りて、急いで駐車場のある飲食店を探したら
牛丼の吉野家さんが出てきたので急いで入り、
音のしていた場所を見たらタイヤがこれでした。

わかりますか?
パンクなんて可愛いものではなくて、破裂です。
そして、中のワイヤーが飛び出している状態。
走行中に車にバチンバチン当たっていたのは避けたタイヤの
破片の部分だったらしく、車のボディーは傷だらけになり、
おまけにタイヤの破片も取れてなくなっている状態。
皆さんだったらこの後の行動をどうしますか?
びっくりして錯乱状態になるのはだれでも同じだと思いますが・・
もちろん私も、言葉になりませんでした。
このままじゃ甲府に帰れないし・・
JAFさんを呼ぶのにも場所の説明とどうしたらいいのか分からないし・・
家族も乗っているのに、明日も学校だし・・仕事だし・・
色々なことが不安材料になってしまい、こわかったなぁ・・
そこで、私はやるしかないと思い、車の説明書を引っ張り出して、
暗い外で懐中電灯で照らしながら、ハイエースバンの工具の使い方や
しまってある場所を見ながら読みながら必死でやりましたよ(笑)
もちろん、吉野家さんにも事情を説明して了解してもらいました。
ジャッキアップして、スペアタイヤを外し、壊れたタイヤのボルトを外し
スペアタイヤと入れ替えて完成。
言葉で書くと簡単ですがこの作業の道中が道のりが長いんです。
それでも何とか無事に帰ってこれました。
甲府に戻りタイヤをすべて見てもらったら溝はまだあるのだけれど、
中のワイヤーが盛り上がってきているので別のもそろそろやばいよ・・
それにタイヤもガチガチに硬くなってるし・・
交換時じゃないの?
そこで4本新品に替えました。
確かに乗り心地が違う・・
それよりも何もなく無事に帰ってこれてよかった。
皆さんもタイヤはとても車にとって大事なものだから
定期的にスタンドでも車屋さんでもよいので見てもらったほうがよいですよ。

ほかにもブログ書いてます
●ムートン王国の裏話
●ムートンお悩み解決隊
●岩井ムートン店主の笑売ブログ